キーボード タイピング 練習

キーボードに慣れるとパソコンを使うのがそれ程苦ではなくなります。 若いうちに体で覚えておきましょう。 変な癖が付く前にぜひとも身につけておいてください。 キーボードを見ないで打ち込む方法を、タッチ・タイピングブラインドタッチタッチ・メソッド、等と言いますが、これを身につけてください。

一番重要なことは手元を見ない画面を見ることです。 キーボードのキートップに印字されている [A] とか [B] とかの文字を見てはいけません。 慣れないうちはどうしても見てしまうのですが、見ないように我慢してください。 これを克服できるかどうかが鍵になります。 我慢できない人はタオルなどを手の上に被せて強制的に見えないようにしてしまうのが有効です。 手元を見ないので一時的にスピードは落ちますが、そこは我慢するしかありません。 身につけてしまうまでの辛抱です。 練習では打ち間違えても、落ち込まない、イライラしない、気にしない。 どんどん打ち込んでいきましょう。 しっかり練習すると、気が付いた時には快適に打ち込めるようになってます。

目次

ホームポジション
目次へ↑

手元を見ないでキーボードを打つためにはホームポジションを理解しておく必要があります。

画像検索:ホームポジションで適当な画像を見てください。 各指の担当するキーが決まっています。 これを体で覚えるわけです。

左手の人差指は F の位置に、右手の人差指は J の位置にいつも乗せておくのが重要です。 この二つのキーは重要なので指で触ってすぐに分かるように突起が出ています。 常に突起に人差指を触れておくように心掛けましょう。 他のキーを打ち込んだ後にこの位置に指を帰すのでホームポジションと呼びます。

他の指のホームポジションは以下の表の通りです。他のキーを打ち込んだらすぐにこのポジションに指を戻します。

左手    右手
小指薬指中指人差指人差指中指薬指小指
ちなみに親指はスペースキー(一番下の無印の横に長いキー)に使います。

後は下の図のように各指の担当をしっかり守って打ち込むだけです。

     
     
     
     

最上段については下の図のような別の流儀もあります。 小指の長さなど個人差がありますので、ホームポジションから楽に届くかどうか人それぞれです。 まずは下の三段をある程度マスターしてから最上段のやりやすい指使いを考えると良いでしょう。

     
     
     
     

手元を見ないで我慢して沢山練習すればそのうち慣れます。 慣れるまでは画像検索で出てきたキーボードの図を保存して、キーボードの図を画面に表示し、分からなくなっても手元を見ないで画面の図を見て打ち込むよう心掛けてください。 決して手元は見ないように!

アルファベット練習
目次へ↑

練習メニューでは、まずアルファベットの位置を覚えます。 ABCの歌を頭の中で歌いがら4節に分けて別々に練習します。 練習当初はスピードよりもリズムの方を意識してください。 その方が覚えやすい人が多いです。 打ち込むときはホームポジションと担当指を守ることを忘れずに。 ゆっくりでいいので、歌いながらリズムよく打てるようになるまで繰り返しましょう。

           
              
                 

ローマ字入力
目次へ↑

アルファベットが打てるようになったら、ローマ字入力を練習しましょう。

ローマ字とは日本語の「かな文字」を「ラテン文字」で表記する記法です。 ラテン文字とは古代ローマ帝国で使われていた文字のことで、現在の英語に引き継がれています。 英語のアルファベットのことだと思ってください。 ローマ字にはいくつかの規格がありまして、主に「ヘボン式」と「訓令式」の2種類に分かれます。

ヘボン式
1886年頃の幕末・明治初期にアメリカ人のジェームス・カーティス・ヘボンが考案した表記法を元にしたもの
当時のアメリカ人が日本人の日本語の発音を聞いて考えた表記
日本人のパスポートの氏名の表記などに用いる
外国人向けの案内看板に用いられる
訓令式
1937年の第2次対戦の少し前に内閣訓令によって公的に定められたローマ字
1885年に田中館愛橘が考案した日本式ローマ字を基礎としている
1989年にISO 3602の国際規格に採用された
日本人が50音を扱うのに便利
英語の発音には準拠してない
外国人向けの看板にはあまり用いられない
様々な形式の細かな違いは(こちら)を見てもらうとして、主な違いは次のようになります。
ヘボン式訓令式
サ行 sa shi su se so  sa si su se so 
タ行 ta chitsu te to  ta titu te to 
ハ行 ha  hi  fu he ho  ha hi hu he ho 
ザ行 za ji zu ze zo  za zi zu ze zo 
ダ行 da ji zu de do  da zi zu de do 
シャ行sha  shu  sho  sya  syu  syo
チャ行cha  chu  cho  tya  tyu  tyo
ジャ行ja   ju   jo  zya  zyu  zyo
パソコンのローマ字入力ではどちらを使っても構いません。 更に、ローマ字入力には、通常のローマ字の規格にはないラテン文字の組み合わせも存在します。 打鍵数(キータッチ数)の少なさ、打ちやすいポジションの位置、覚えやすさ、などを考慮して、自分なりに工夫して使い分けるのが良いでしょう。

(こちら)にパソコン入力用のローマ字表があります。これを自分用にアレンジして使ってみるとよいでしょう。 以下はアレンジの一例で

の理由で次の表のようになりました。 各々自分のやりやすい方法を模索してください。 通常の練習メニューでは「アルファベット」「あいうえおの母音(段)」「子音(行)」の順に進めて指を慣らしていくのですが、子音の練習段階に入ってから、色々試してみて自分のやり方を固定すると良いです。
aiueo

a

i

u

e

o

la

li

lu

le

lo
ヴぁ
va
ヴぃ
vi

vu
ヴぇ
ve
ヴぉ
vo
k
ka

ki

ku

ke

ko
きゃ
kya
きゅ
kyu
きょ
kyo
くぁ
qa
くぃ
qi
くぇ
qe
くぉ
qo
s
sa

si

su

se

so
しゃ
sha
しゅ
shu
しぇ
she
しょ
sho
t
ta

ti

tu

te

to
ちゃ
cha
ちゅ
chu
ちぇ
che
ちょ
cho
てぃ
thi
てゅ
thu
とぅ
twu

ltu
n
na

ni

nu

ne

no
にゃ
nya
にゅ
nyu
にょ
nyo
h
ha

hi

fu

he

ho
ひゃ
hya
ひゅ
hyu
ひょ
hyo
ふぁ
fa
ふぃ
fi
ふゅ
fyu
ふぇ
fe
ふぉ
fo
m
ma

mi

mu

me

mo
みゃ
mya
みゅ
myu
みょ
myo
y
ya

yu

yo

lya

lyu

lyo
r
ra

ri

ru

re

ro
りゃ
rya
りゅ
ryu
りょ
ryo
w
wa

wo
うぃ
wi
うぇ
we

nn
g
ga

gi

gu

ge

go
ぎゃ
gya
ぎゅ
gyu
ぎょ
gyo
z
za

ji

zu

ze

zo
じゃ
ja
じゅ
ju
じぇ
je
じょ
jo
d
da

di

du

de

do
ぢゃ
dya
ぢゅ
dyu
ぢぇ
dya
ぢょ
dyo
でぃ
dhi
でゅ
dhu
どぅ
dwu
b
ba

bi

bu

be

bo
びゃ
bya
びゅ
byu
びょ
byo
p
pa

pi

pu

pe

po
ぴゃ
pya
ぴゅ
pyu
ぴょ
pyo

まずは母音の位置を5個、「あ・い・う・え・お」や発声練習でよく使う「あ・え・い・う・え・お・あ・お」等をリズムよくなるまで何回も繰り返して打ち込んで、しっかり指で覚えます。「あ A」以外は上段です。 母音は使用頻度が高いので念入りに練習してください。

           
              
                 

次に、清音の子音の位置9個、「か・き・く・け・こ」「きゃ・きゅ・きょ」等を何回も繰り返し打ち込んで、K の位置等をしっかり指で覚えます。

           
              
                 

更に濁音や半濁音の子音の位置を少しずつ指で覚えていき、練習を繰り返します。 1日に10~20分、集中して練習して疲れたなと思ったら休憩してください。 飽きてきたら練習ソフトやゲームを利用するとよいでしょう。

練習ソフト(アプリ)
目次へ↑

ホームポジションを理解したら画面のキーボードの図を見ながら実際に手を動かして練習します。 慣れないうちは一度に沢山覚えずに段階的に練習していくのが良いでしょう。 キーボード練習ソフトを利用して効率よく覚えるのが早道です。

タイピング練習ソフトは有料、無料の様々なものがあります。 検索サイトで「タイピング」「タッチタイプ」「ブラインドタッチ」などのキーワードで検索すると色々見つかります。 インターネット上で直接練習できるサイトもあるのでいくつか紹介しておきます。 家での練習に役立ててください。 学校で練習するときは音を出さないようにボリュームを絞って練習してください。 画面にキーボード表示がないゲームの場合は、ウィンドウを調節して、キーボード画面を表示して実行してください。 ゲームをクリアするのに必死になりすぎて、手元を見てしまうことのないように!

タイピング練習
マイタイピングの練習コーナー
まずはここでホームポジションを覚えてください。
慣れたら他の練習メニューもやってみましょう。
無量タイピング練習
P検のタイピング練習コーナー
時間を区切って練習するのに最適です。
e-typing
インターネットでタイピング練習
まずは「腕試しレベルチェック」で自分の実力をチェックしてみましょう。
会員にならなくても様々な練習やランキングに参加できます。
メアドで会員登録すると、基本練習メニューや練習カルテが利用できます。
Typing Tube (タイピングチューブ)
You Tube の音楽動画に合わせて、歌詞をタイピングしていくゲームです。
音が出せる状況で、楽しんでください。
とにかく豊富な曲数です。レベル1の曲から試してみましょう。
Flashタイピング 【寿司打 - SushiDA -】
無料タイピング練習ゲーム
お皿が流れてしまう前に画面の文字をタイプして、どれだけモトを取れるか(= たくさん食べられるか)を競います。
Flashタイピング【皿打 Sara-Da】
無料タイピング練習ゲーム
食べ物を狙って集まって来る小人さんをタイピングで撃退して料理を守るタイピングゲームです。
2分間タイピングしてクリア条件を満たしていれば次のステージに進む事ができます。
【 夜の森タイピング 】
タイピングで選択肢を選んでストーリーを進めていくゲーム
TipingQuest
昔のドラクエ風のRPGゲーム
タイピングで戦闘を行い、敵を倒してストーリーを進めていきます。
タイピングゲーム一覧|プチゲーム
無料ゲームサイト、プチゲームのタイピングゲーム集です。
タイピングしながら知識を身につけよう!
無料ゲームで遊ぼう! |ブラウザ版 |タイピングゲーム
ブラウザで遊べるタイピングゲームを集めたリンク集です。

かな入力
目次へ↑

[Alt]キーを押しながら[カタカナ・ひらがな・ローマ字]キーを押すことで、「ローマ字入力」と「かな入力」を切り替えることができます。

かな入力のメリットを挙げます。

かな入力のデメリットを挙げます。

プログラムや英文を書く必要がある人は「ローマ字入力」メインで、日本語の長文を多く書く必要がある人は「かな入力」も併用できるようにするとよいです。 ワンランク上を目指す人は習得しましょう。

かな入力の位置を覚えるには50音の行の塊で色分けすると効率よく覚えられます。

     
     
     
     

他の入力
目次へ↑

更にスピードを上げたい人は、キーボードの文字配列(キー配列)を変えることになります。

通常の英文字配列はQWERTY配列と呼ばれる配列です。 タイプライターでの標準仕様の配列だったのですが、もっと効率の良い配列が研究されていました。 それはDvorak配列という配列です。 母音が全て左手ホームポジションにあったり、英文でよく用いる文字を打ちやすい位置に配置しています。

通常のかな文字配列はJISキーボードの配列です。 もっと効率の良い配列に親指シフトと呼ばれる配列があります。 シフトキーと組み合わせることで、最上段を使わずに日本語の全てのかな文字を打ち込むことができます。

このような別のキー配列で文字入力をするには、専用キーボード、又は、配列を変更するソフト(アプリ)を用いることになります。 さらなる高みを極めたい人は試してみるとよいでしょう。

キーボードや入力に関して参考になるサイト
目次へ↑

キーボードについて
様々なキーの役割や組み合わせ方について詳しい
文字入力の基本
入力、削除、漢字変換、困ったときの対処法など
初心者はローマ字入力とかな入力どっちがいいのか
結論出てる


(藤本の担当講義に戻る)    (Tipsに戻る)    (看護学校情報科学に戻る)