相対参照と絶対参照

数式で指定する参照には「相対参照」と「絶対参照」の2つの形式があります。この違いをしっかり理解しましょう。特に数式をコピーした時の挙動が違うので注意してください。

「相対参照」と「絶対参照」は「コンピュータ内部で参照先をどのように指定しているか?」という違いに関する話です。難しいかも知れませんがしっかりと考えて悩んで違いの分かる人になれるよう努力してください。1回の講義では理解できないかもしれませんがしっかり悩んでおくと今後の為になります。

相対参照

セル「B2」に「あああ」と入力して、「C4」に「=B2」と入力してください。「C4」には参照先の内容「あああ」が表示されます。

sansho1

相対参照では参照先のセルを数式が入ってるセルを基準に相対座標という形式で指定してます。上の例では「C4」のセルを基準に「1左2上」という指定です。

sansho2

セル「C4」の数式をコピーしてセル「E7」に貼り付けしてみましょう。数式バーを見ると参照先が「=D5」になってます。

sansho3

これはセル「E7」を基準に「1左2上」という指定でセル「D5」を指定してることになります。「D5」には何のデータも入ってないので「E7」には「0」と表示されます。

sansho4

相対参照では数式が入ってるセルを基準に参照先を指定している。そのためコピーして別のセルに数式を貼り付けるとコピー先のセルを基準に参照先を指定します。その結果、参照先の番地がずれます。

絶対参照

絶対参照では列番号や行番号の前にドルマーク「$」を付けます。数式入力中にキーボードの「F4キー」を押すことでもドルマークをつけることができます。

セル「B2」に「あああ」と入力してセル「C4」に「=$B$2」と入力してください。「C4」には参照先の内容「あああ」が表示されます。

sansho5

見た目の結果は相対参照と同じなのですが、絶対参照では絶対座標という形式で参照先を指定しています。この例では左上の端を基準に「2右2下」という指定になります。

sansho6

セル「C4」の数式をコピーしてセル「E7」に貼り付けしてみましょう。数式バーを見ると参照先が「=$B$2」になってます。

sansho7

コピー先でも左上を基準に「2右2下」という指定のままなのでセル「B2」を参照していてその中身の「あああ」が表示されます。

sansho8

絶対参照では左端、上端を基準に参照先を指定している。そのためコピーして別のセルに数式を貼り付けても左端、上端が基準のままです。その結果、コピー先のセルでも参照先の番地がずれません。

まとめ

複合参照

絶対参照の「$」は列番号と行番号に対して別々に設定できます。

後は例題課題を通してコピーしたときの挙動を確認しましょう。

後でコピーする必要がなければ、どちらを使っても数式の計算結果は同じですが、数式のコピーを使って楽をしたいときはこの機能は必修です。(実際にはコピーを使わないと仕事にならないことが殆どです。)

課題

基礎課題3  (←右クリックで保存せよ。)

課題は答えが合ってさえいればよいというわけではありません。何となくやるのではなく、なんでそうなるのか納得するまでしっかりと考えてください。


(情報処理演習TOPに戻る)   (藤本の担当講義に戻る)